宗谷岬牧場 SOUYAMISAKI FARM

商品情報 -Group-

宗谷黒牛・宗谷岬和牛

『宗谷黒牛』、『宗谷岬和牛』のブランドは宗谷岬牧場が「全農 安心システム」の生産基準に基づいて飼養管理し、生産した交雑種、黒毛和種などの肥育牛だけに与えられています。

生産基準は、飼養場所はもとより、出生から出荷にいたるまでの給与飼料内容やワクチネーション、治療手順などステージごとに幅広い項目でルール化され、更に、個体情報として記録・管理し、トレースできる仕組みになっています。

基準に沿って飼養されていますが、万全を期すため日々記録を確認し、厳しい管理のもと、安全で安心な肥育牛の生産を行なっています。

宗谷黒牛・宗谷岬和牛の生産から販売まで

生産
哺育・育成
肥育
と畜(窓口)
格付け
販売

また、肥育牛に給与する乾草などの粗飼料は、約7割程度を自給していますが、飼料畑には、家畜の排泄物を肥料として還元し、宗谷においては無農薬、無科学肥料を実践し、他の畑においても減農薬、減化学肥料による自然循環型の生産を行っています。

今後は、更に生産を拡大し、粗飼料自給率10割を目指しています。

出荷頭数は、交雑種、黒毛和種合わせて約2,200頭ですが、素牛の供給は、交雑種は酪農部門で生産される仔牛約500頭に加え、家畜市場などからの導入牛約600頭、また黒毛和種はほぼ全量が自家産となっています。

販売頭数の推移

販売頭数の推移グラフ

品質においては、近年は、黒毛和牛・交雑種共に上物率割合が高く推移していますが、今後も全国に誇れるブランドの確立に向け肉質向上に取り組んで参ります。

宗谷岬牧場肉牛生産基準PDFダウンロード

ハンバーグ

宗谷岬牧場では、不妊などにより役目を終えた肉用繁殖牛や乳牛等の牛肉を使い、『宗谷岬牧場のハンバーグ』を委託製造販売しています。

日本最北端・宗谷岬の大自然に囲まれた放牧地や、宗谷岬牧場など北海道北部で収穫した牧草を中心に与えられた、健康で安全・安心な牛肉と、北海道産のタマネギ、卵、牛脂肪、小麦粉を使用した本格的なディナータイプハンバーグです。

稚内ブランド商品として稚内空港や地元のスーパー、土産店などで扱われ、その味の良さとふんわりとした食感の良さから、お子さまからお年寄りまで幅広い年齢層の消費者から好評を得ています。

テレビショッピングでも紹介され、北海道内外から『美味しかった』『また食べたい』などとたくさんのありがたいお声を頂いています。

ハンバーグ販売推移

ハンバーグ販売推移

ページトップへ